初心者のPマーク

6・プライバシーマークコンサルとは?(プライバシーマーク取得支援とは?)

プライバシーマークのコンサル(コンサルティング、取得支援)とは、コンサルティングというものを経験されたことがない方には、わかりずらいでしょう。
簡単に説明すると、「プライバシーマークという科目を教える。」先生のようなものです。

だいたい、5名程度のプライバシーマーク担当の皆様を会議室に集めて(100人以内の会社の場合)、プライバシーマークコンサルタントが、「プライバシーマークに関する指導」を講義形式で行ないます。プライバシーマーク取得をするためにはプライバシーマークの規格(企業が守る必要がある要求項目が記載されている。)に基づいて、自社にあわせたルールやマニュアルの文書化を行なう必要があります。一般的なコンサルティングでは、一方的な講義ではなく、社員の皆様に確認及び考えていただきながら、指導は続けられます。もちろん、各回ごと、検討をしていただいたり、作成いただく宿題がだされます。それらを着実に一つずつこなしていくことで、プライバシーマークのマニュアルや規定(規程)、帳票などが完成されます。一般的には2週間に1回ぐらいの訪問指導が約4ヶ月〜10ヶ月程度続けられます。

以上が、プライバシーマークのコンサル(コンサルティング、取得支援)についての概要説明です。

コンサルタントイメージ 
コンサルタントってこんな感じ? 
Pマークのコンサルは、ISOと違って結構若い方も多いです

 

フリーダイアル
お問い合わせフォームへ