初心者のPマーク

23・情報セキュリティ(情報保護)について

多くの企業は、個人情報(顧客データベース、社員情報・従業員情報など)や営業情報、その他機密情報などを大量にデータで保有しており、それらの貴重な情報が、“漏洩、紛失、破壊、破損”などのリスクにさらされております。

企業は、リスクを最小限に抑え、保護するための対策を取る必要があります。
それらの対策の事を情報セキュリティ(情報保護)対策と言います。

情報セキュリティ対策については、パソコンやデータのパスワード・暗号化などのハード面への対策だけでなく、パソコンの使用制限・入退室の制限・社内への持ち込み可能な所持品の制限、情報セキュリティ意識向上のための教育実施など、“人”に対する対策がとても重要になります。
情報セキュリティは、あらゆる企業にとって取り組むべき必須の経営課題とも言えるでしょう。

フリーダイアル
お問い合わせフォームへ