定期的な自己チェックを


プライバシーマーク認証取得後、審査や内部監査だけのチェックだけでなく、定期的な個人情報保護マネジメントシステム(PMS:ルールやマニュアル・規定・帳票)の自己チェックされることをお勧めいたします。
下記のような自己チェックを毎月1回程度行なうことで、プライバシーマークをより活かすことができるようになるでしょう。

<プライバシーマーク自己チェック(プライバシーマーク自己診断)>

  • 個人情報の洗い出し・リスク分析、内部監査、教育などが定期的に確実に行なわれているか?
  • プライバシーマークに関わるミーティングは行なわれているか?また、メンバーは会議の際に、いつも確実に揃っているか?
  • 経営者がプライバシーマークに対して積極的に取り組んでいるか?
  • マニュアルと実情が合っているか?
  • 個人情報保護は確実になされているか?
  • マニュアルやルールがどんどん改善されているか?
  • 社員が納得した上で運用がなされているか?負担が重くなっていないか?
  • プライバシーマークに関する役割分担がはっきりと決まっているか?担当者一人のみの負担ではなく協力体制が出来上がっているか?
  • プライバシーマークに関するコミュニケーション(報告、連絡、相談)はスムーズに行なわれているか?

フリーダイアル
お問い合わせフォームへ