コンサルティングの成功例・失敗例


プライバシーマークコンサルティング成功例、プライバシーマークコンサルティング失敗例は下記の通りです。
成功と失敗では全く逆の結果になってしまいますので、できる限り、成功できるコンサルタントを見つけておきたいところです。

 

プライバシーマークコンサルタント(コンサルティング会社) 成功例

  • プライバシーマークが意味のある仕組みになっている
  • プライバシーマークで運用が確実になされている
  • プライバシーマークで個人情報保護につながっている
  • プライバシーマークのマニュアルやルールの運用が実態とあっている(過度なルール が定められていない)
  • プライバシーマークへの取り組みが、プライバシーマーク認証取得後も社内に根付いている
  • プライバシーマーク取得をしたことで、“継続的な改善”が自然と行なわれているようになっている
  • プライバシーマークに関して、経営者が積極的である

プライバシーマークコンサルタント(コンサルティング会社)失敗例

  • プライバシーマークが意味のある仕組みになっていない。プライバシーマーク取得を後悔している。
  • プライバシーマークで運用がほとんどなされていない。
  • プライバシーマークで個人情報保護が見受けられない。
  • プライバシーマークで教育の仕組みが運用されていない。
  • プライバシーマークのマニュアルやルールの運用が実態とあっていない。(過度なルールが定められている)
  • プライバシーマークの取り組みが、プライバシーマーク認証取得後に、完全に社内で浮 いた状態になって、止まっている。
  • プライバシーマーク取得をしたことで、“継続的な改善”どころか“日々の運用”がな されていない。
  • プライバシーマークに関して、経営者が担当者にまかせっきりになってしまっている。

 


フリーダイアル
お問い合わせフォームへ