要チェック!コンサルタント選びで全てがきまる!


どのようなコンサルタントに依頼するかどうか、それによってプライバシーマークで作り上げられる仕組みは全く違ってまいります。

 

プライバシーマークコンサルタントによって違ってくる例

  • プライバシーマークが意味のある仕組みになっているか
  • プライバシーマーク運用が確実になされているか
  • プライバシーマークで個人情報保護につながっているか
  • プライバシーマークのマニュアルやルールの運用が実態とあっているか(過度なルール が定められていないか)
  • プライバシーマークへの取り組みが、プライバシーマーク認証取得後も社内に根付いているか
  • プライバシーマーク取得をしたことで、“継続的な改善”が自然と行なわれているよう になっているか
  • プライバシーマークに関して、経営者が積極的であるか

上記の内容が達成できるかどうか、それは、コンサルタントの手腕に大きくかかっているのです。もし、上記の質問に対して、ほとんどが“No.”となるのであれば、プライバシーマーク取得はしないほうがましです。かえって会社内の雰囲気は悪くなるし、トラブルも増えるかもしれません。
プライバシーマークの成否は、プライバシーマークコンサルタント(プライバシーマークコンサルティング会社)次第である。
だからこそ、プライバシーマークコンサルタント(プライバシーマークコンサルティング会社)の選択は慎重に行なっていただきたいのです。

フリーダイアル
お問い合わせフォームへ