プライバシーマーク取得前に成否がきまってしまうという事実


過去にプライバシーマークの取得前相談を100件以上受けてきた経験や、取得後の相談を多数受けたうえでの結論として“プライバシーマーク取得活動前の段階で今後のプライバシーマークの成否”が決まっているという傾向がわかりました。
つまり、「プライバシーマーク取得で後悔しない。満足をしていただくために。”、プライバシーマーク取得活動前の準備段階がとても重要なのです。
それでは、「どのような準備をすればプライバシーマーク取得がうまくいくのか?」
ということになりますが、下記の2点が大きなポイントとなります。

  1. プライバシーマーク取得前の体制作り
    経営者の関わり(熱意、覚悟)
    担当者の選任、
    全社員を巻き込む仕組み体制など
    上記の準備がしっかりとできていないと、プライバシーマーク取得はうまく進まなくなるでしょう。たとえ、プライバシーマーク認証取得したとしても、「プライバシーマークを取ってよかった。」というプライバシーマークになる可能性が低くなります。 
  2. どのようなコンサルタント(コンサルティング会社)に依頼するのか
    外部のコンサルタントにプライバシーマーク取得支援コンサルティングを依頼して取得をする場合、コンサルタント(コンサルティング会社)の選定がモノスゴク重要になります。学校の先生と同じで、コンサルタント(プライバシーマークコンサルティング会社)によって全くと言って良いほど、作り上げられるマニュアルやルールが違ってまいります。「御社の希望に合ったコンサルタント(コンサルティング会社)の選定」はとても大きなポイントとなります。

フリーダイアル
お問い合わせフォームへ