プライバシーマーク取得で満足する会社・後悔する会社


プライバシーマークは、個人情報保護他のためのツール、道具であると言えます。
例えれば、料理人の包丁のようなものです。とても有効に使えば見事な料理(最高の個人情報保護体制)を作ることができますが、うまく使えないと、粗雑な料理(事業の負担にしかならない、経営を悪化させる)を作ることになってしまいます。
プライバシーマーク取得で後悔する会社、大満足する会社は下記のようなことをおっしゃっております。
是非、これからプライバシーマーク取得をされる方は、下記の大満足する会社のようになっていただきたいものです。


sadプライバシーマーク取得で後悔する会社sad

  • マニュアルと実情が合っていない。
  • マニュアルの分量が多すぎる。
  • マニュアルの負担が重過ぎる。
  • 個人情報保護の対策が中途半端である。
  • プライバシーマークの理解をほとんど担当者ができていない。
  • 経営者がプライバシーマークの重要性を理解していない(担当者に任せっきり)。
  • 社内全体の雰囲気としてプライバシーマークは意味が無い、負担にしかないと思っている。


smileプライバシーマーク取得で大満足する会社smile

  • 個人情報を守ることができる状態になっている。
  • 経営者がプライバシーマークに対して積極的に取り組んでいる。
  • マニュアルと実情が合っている。
  • マニュアルやルールがどんどん改善されている。
  • 社員が納得した上で運用がなされている。
  • 役割分担がはっきりとされ、それぞれの仕事の責任・権限が理解されている。
  • 定期的な意味のある個人情報保護に関わるミーティングがなされている。

フリーダイアル
お問い合わせフォームへ